2010年04月29日

グループ議員からも危機感「小沢幹事長の進退論のきっかけになる」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が27日、小沢氏に「起訴相当」を議決したことについて、同党の小沢グループ中堅は同日、「小沢幹事長の進退論のきっかけになる。大型連休はのんびりしていられない。昨年のようなパターンになってきた」と述べ、危機感をあらわにした。

【関連記事】
「適切に対処したい」東京地検次席 小沢氏起訴相当
小沢氏は「起訴相当」 検審が議決 土地購入事件
渡部氏、小沢氏起訴相当なら「結果重い」
小沢氏、首相を見放した? 普天間問題で進退「私が答える立場にない」
政治資金規正「ザル法」 首相の上申書に不信感
「裸の王様」次に座るのは…

<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)
民主・生方氏、高速料金めぐる混乱 「党政調の復活が必要だ」(産経新聞)
<掘り出しニュース>遠野市立博物館が新装開館 水木アニメに農村ジオラマ(毎日新聞)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
「政治ますます迷走」「早急な体質改善を」経済界、小沢氏「起訴相当」に批判と困惑(産経新聞)
posted by カワセ マサアキ at 12:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。