2010年02月02日

睡眠導入剤…犯罪での悪用例後絶えず(読売新聞)

 不審死した男性から検出された睡眠導入剤は、緊張や不安を取り除く効果があるとされ、不眠症治療などに使われる。だが、効いている間の記憶がなくなるなどの副作用もある。同剤を使った昏睡(こんすい)強盗や準強姦(ごうかん)事件は後を絶たず、埼玉、千葉県内で男性らが相次いで不審死した事件でも遺体から同剤の成分が検出されている。

 睡眠導入剤などの向精神薬は医師の処方せんがないと入手できず、他人に譲り渡すことも禁じられている。しかし、不眠症を装い、複数の医療機関を回って大量に入手するケースもあるといい、厚生労働省の担当者は「完全に防ぐのは難しい」としている。

中絶率 佐賀県が最高 08年度調査 熊本、福岡も高水準(西日本新聞)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長−菅財務・経財相(時事通信)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索(産経新聞)
早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案−環境省(時事通信)
posted by カワセ マサアキ at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<3月失職予定者>6440人増加 パートが過去最多に(毎日新聞)

 厚生労働省は29日、解雇されたり派遣契約期間が終了するなどして、3月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者の数が、前月から6440人増加したとする調査結果を公表した。調査を開始した08年10月からの累計は25万6731人に達した。

 1月20日時点で新たに把握した失職者、失職予定者は、派遣労働者1491人(23.2%)▽期間労働者1067人(16.6%)▽請負247人(3.8%)▽パートなどその他3635人(56.4%)だった。一昨年に大量の雇い止めがあり、派遣労働者が多くを占めていたが、この1カ月間の状況では、パートが大半のその他が最も多くなり、解雇人数も2990人で調査開始後最多になった。【東海林智】

【関連ニュース】
東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る
貧困支援:延べ1万3127人が宿泊提供受ける 年末年始
公設派遣村:再始動…都、想定外の支援 市民団体が後押し
公設派遣村:宿泊者831人に…東京都
総務省:58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分

サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)
<国後沖>露ヘリが日本漁船に照明弾(毎日新聞)
posted by カワセ マサアキ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。